ウェルテル  国民劇場

ウェルテル

 

作曲:ジュール・エミール・フレデリック・マスネ

台本:エドゥワール・ブロー&ポール・ミリエ&ジョルジュ・アルトマン

 

あらすじ

 

時と場所:1780年代の夏からクリスマス、フランクフルト郊外のヴェツラル

 

前奏曲:雪の降る墓地のベンチに座りこむシャルロットは牧師が祈りを捧げる墓に歩み寄り、凍えながら泣き崩れる。寂しい葬儀は人影もなく、離れて佇む夫アルベールと妹のソフィーもシャルロットを残し去って行く。

 

第1幕:大法官の家と庭

夏のある夕暮れ、父親はまだ7月だというのに、退屈する8人の子供達に、クリスマスキャロルの練習をさせている。そこに外出着に着替えた母親代わりの姉シャルロットが現れ、幼い兄弟たちに夕食を配ると、家の中は和み、子供達は微笑みながら食事を始める。家族団らんの中、父親の友人シュッミットとヨハンが訪れ、酒を酌み交わし、歓談をして帰って行く。一方、外のベンチには大法官に招かれた若き詩人ウェルテルが、家から漏れ聞こえる子供たちの声と家族を世話するシャルロットの姿に、幼いころを思い出し「おお、恵みに満ちた自然よ」と歌う。そして大法官の居間に通されたウェルテルは、懐かしい家族の光景に心癒され、家事を終えたシャルロットとともに舞踏会に出かけてゆく。ほろ酔い気分の大法官が友人の待つ居酒屋へ出かけた後に、仕事の旅から帰ったシャルロットの婚約者アルベールが訪ねて来る。出迎えた妹のソフィーが「姉は結婚準備を楽しんでいます」と話すので、アルベールは喜び「シャルロットは希望の全て」と歌う。間奏曲〈月の光〉が流れ、楽しげに語らうウェルテルとシャルロットが帰ってくる。ウェルテルはシャルロットに魅かれ「あなたは天使、最も愛する人!」と歌い恋心を告白する。婚約者のいるシャルロットは戸惑いを隠せない。すると家の中から「アルベールが戻ったぞ」と言う父親の声がする。シャルロットは慌て「昔、死の床につく母を安心させるために婚約した人がいるのです」と告げ、家に入ってしまう。残されたウェルテルは衝撃を受ける。

 

第2幕:ヴェツラルの町の教会前

大法官の友人シュミットとヨハンはお酒を飲みながら「太陽が輝く日曜日」と陽気に歌う。日曜礼拝にやって来る町の人々の中に、新婚三カ月のシャルロットとアルベールがいる。アルベールは毎日を共に過ごす幸せを歌い、シャルロットに後悔はないかと尋ねる。シャルロットは「私は幸せです」と答える。そして二人は連れ立って教会に入って行く。その頃シャルロットを忘れられないウェルテルは一人絶望にくれ、教会の外で「他人がシャルロットの夫!天使を我が手にできたなら」と〈悲痛の歌〉を歌う。すると教会から出てきたアルベールがウェルテルを見つけ、近づいて来ると「あなたの苦しみはわかります」と同情する。紳士的にふるまうアルベールに、ウェルテルは「私はもう町を出なければいけないのです」と答えるが、失望の色を隠せない。そこに礼拝の献花を持って現れたソフィーが「空は明るい光に輝き、皆幸せだ」と歌い、ウェルテルを励まそうと赤いバラを渡す。しかしウェルテルは「自分が幸せになる事はもうない!」とはねつける。ソフィーはそれでも「ダンスにお招きします」と告げ、アルベールとともに去って行く。その時、教会から出てきたシャルロットはウェルテルと再会する。ウェルテルは「最も純粋な愛が、最も罪深い愛になってしまった」と二人が出会った頃を回想し届かぬ愛を切々と歌う。心乱れるシャルロットは「アルベールは私を愛しています」と自らを懸命に律し、暫く町を離れるように言い「クリスマスにまた会いましょう」と告げ家路を急ぐ。残されたウェルテルは自殺を考え「旅から帰る時」を歌う。

 

第3幕:シャルロットの家

ウェルテルとの再会以来シャルロットは彼への想いを募らせ、人が変わったように衰弱している。「私の心には穴が空き、全て色褪せてしまった」と歌い、ウェルテルからの手紙を抱きしめる〈手紙の歌〉。そこに妹のソフィーが訪ねて来る。姉の様子を心配し「笑いこそが祝福!姉さんは皆が必要としている大事な人」と励ます。そして(ソフィーもウェルテルに淡い恋心を抱いているので)姉の苦悩は分かっていると告げる。それを聞いたシャルロットは堰を切ったように泣きだし〈涙の歌〉を歌う。ソフィーは「一緒に家に帰って、弟妹たちにクリスマスキャロルを教えて」と誘うが、シャルロットは虚ろにうなずくばかりである。仕方なくソフィーはシャルロットを抱きしめ帰って行く。残されたシャルロットは苦しみを叫び「神よ!勇気を!お導き下さい!」〈祈り〉を歌う。そこにウェルテルが現れ「あなたに会えないのなら死ぬつもりでした!」と告げる。シャルロットは必死で平静を装い「何もかも昔のままよ」と笑ってみせるが、部屋を見渡すウェルテルは想い出の品々が全て取り除かれていることに気づく。ウェルテルは名アリア〈オシアンの歌〉で「何故私を眠りから覚ますのか?」と悲痛な想いを訴え「唯一真実はこの愛である」と狂ったように激昂する。ウェルテルの激しさに怯えるシャルロットは、別室に逃げこみ「二度と会わない!」と叫ぶ。ウェルテルは絶望し「死!」と叫び去って行く。入れ替わり入ってきたアルベールは、ウェルテルの手紙を見つけシャルロットに渡す。手紙には「私は長い旅に出ます。銃を貸して下さい」とある。それを見たアルベールは非情にもシャルロットに銃を届けるよう迫る。しかしシャルロットが従うはずもない。怒りに震えるアルベールは銃を持ち駆け出してゆく。その姿を見たシャルロットは「神よ!間に合わせて!」と祈りながら後を追う。

 

第4幕:雪の教会前

駆け出してきたシャルロットは昔二人で並んで座ったベンチの下に、横たわるウェルテルを見つける。瀕死のウェルテルは許しを乞い「これであなたを無実に出来る」と穏やかな表情をうかべる。シャルロットは「傷つけたのは私の方です!」と泣きすがり、助けを呼ぼうとするが、ウェルテルはそれを遮り「君だけでいい。誰も二人を離せない。最後の幸せの時」と告げる。シャルロットは「私も愛しています」と初めて愛を認め、口づけをする。二人は固く抱き合い「全てを許しましょう!」と二重唱する。ウェルテルは最後に「二本のライムの木の下に埋めて下さい。」と言い残し息を引き取る。身じろぎも出来ないシャルロットはウェルテルの遺体を抱きしめる。今日はクリスマス・イヴ、教会からは子供たちの歌う明るいクリスマスキャロルが聞こえている。(幕)

プログラムとキャスト

チケットを購入する
NOV 2019 Next

国民劇場 プラハ

国民劇場(こくみんげきじょう、チェコ語: Národní Divadlo)は、チェコの首都プラハにある劇場。チェコの歴史と芸術を代表する建築物である。

 

国民劇場は、音楽の盛んなチェコにおける最重要機関であり、チェコを代表する芸術家らによって創設、維持されてきた。この伝統により、チェコの言語、音楽、思想などが保存・発展してきたものである。

 

今日では、国民劇場はオペラ、バレエ、演劇を提供している。いずれも、著名なクラシックなどに限定せず、地域のものや現代のものも上演している。

 

類似したイベント