マーク・ノップラー

イギリス、スコットランドのグラスゴーに生まれたミュージシャン、マーク・ノップラーの世界ツアー「Down The Road Wherever」

4月にバルセロナから始まり、ヨーロッパ各地で開催されたのち、7月にイタリアで終了

プログラムとキャスト

チケットを購入する
JUL 2019

カラカラ浴場

カラカラ浴場(カラカラよくじょう、イタリア語: Terme di Caracalla、Antoniniane)は、イタリアのローマにある古代ローマの公衆浴場。カラカッラ浴場とも表記されることもある。

 

212年から216年にかけて、カラカラ帝の治世に造営されました。構成は225mの長さに185mの幅、おおよその高さは38.5mほどで、あちらこちらに2,000から3,000の浴槽を設置できました。

建物は「ハイポカウスト」というシステムによって加熱されていました。供されたアクエドュクトによって付加された水の加熱をするために、地下で石炭を燃焼させるシステムで、19世紀まで使用されていました。

カラカラ浴場のの建物群は、ただの浴場よりもむしろ娯楽性の高いレジャー施設であった。また、古代ローマの帝政期以降は男性観の同性愛行為がごく自然な性行為とみなされていた事もあり、発展場としての役割もあった。「浴場」は公立図書館の建物群の中の付属建造物であり、この図書館は同じ大きさの2つの部屋にそれぞれギリシャ語とラテン語の書物が収蔵されていました。

20世紀のはじめ、この浴場のデザインは幾つかの現代建築のインスピレーションとしてもちいられました。それにはバングラデッシュの首都とダッカの議会庁舎、アメリカ、ニューヨークのペンシルベニア駅が含まれます。

遺跡は夏のオペラシーズンにローマ歌劇場のバックドロップとして建っています。1960年のローマオリンピックの間の器械体操協議会や1990年イタリアFIFAW杯決勝戦前夜の三大テノールのコンサートのように現代のイベントの開催地になってきており、また、ローマの観光名所の一つとしても親しまれています。

 

テルメディカラカラへのアクセス 
ヴィアーレデッレテルメディ·カラカラ 
 
メトロ 
リネアB - CIRCO MASSIMO停止 

バス 
Baccelli経由 - 160 
テルメディカラカラ経由 - 118、160、628、671、714 

タクシー 
電話番号 - 06.3570

類似したイベント