リヨン国立オペラバレエ

振付家イジー・キリアーンの現代的な技術と美が結びついた生き生きとした伝説をリセウ大劇場にて!

 

リヨン国立オペラバレエ団によるバレエ公演。「生きる伝説」振付家イジー・キリアーンの古典と現代作品混合のプログラム。作品の主な音楽は、H・ビーバー、P・グラス、A・マルチェロ、A・ヴィヴァルディ、W・A・モーツアルト、J・S・バッハ他によるもの。イジー・キリアーンの振付の原点は「体の動きの合理性」で、人間の精神次元を動きにより研究します。

この公演ではモーツアルト没200周年ザルツブルクにて初演された「ワックスの羽」「小さな死」又、1995年の「ベラ・フィギュラ」をお楽しみください。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
APR 2019

リセウ大劇場

バルセロナのオペラハウス、リセウ大劇場は、1847年にランブラス通りに設立され、文化芸術センター、市のシンボルの一つとしての役割を果たして長年にわたって続けてきた。

今日は(カタルーニャ、バルセロナ市議会、バルセロナ州議会とMINISTERIOデEducación、文化会館Y Deporte政府が)公営、前述のボディに加えて、組み込まれている、タピエスデルリセウ大劇場で投与され、パトロン評議会とSocietatデルリセウ大劇場(所有者の旧社会)。

類似したイベント