白鳥の湖 国民劇場 バレエ

白鳥の湖 Lebedinoe ozero (Swan Lake) 

 

作曲:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー 

初演:1877年3月4日  ボリショイ劇場(モスクワ) 

振付:ヴェンツェル・ライジンガー 

台本:ウラジミール・ペギチェフ &ワシリー・ゲルツァー 

蘇演:1895年1月15日  マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)

振付:マリウス・プティパ &レフ・イワーノフ 

台本:モデスト・チャイコフスキー(作曲者の弟) 

 

あらすじ

 

序奏

花畑で花を摘んでいた幼いオデット姫は、悪魔ロットバルトの呪いにより白鳥にされてしまう。

 

第1幕:ジークフリート王子の宮殿

宮殿の広間で、ジークフリート王子の21才を祝う誕生パーティーが行われていた。王子の親友ベンノを始めとする友人達、家庭教師のヴォルフガング、そして多くの村人達が王子を祝うために集まっていた。皆は楽しげに踊り、パーティーは華やかに盛り上がる。そこへ王子の母である王妃が現れ、明日王子の婚約者を決める舞踏会を催すと彼に伝えた。まだ一度も女性を愛したことのない王子は、話を承諾したものの、心には僅かに不安が広がった。その不安を打ち消すように、王子は親友のベンノに勧められるままお酒を飲み、再び皆で踊り始めた。夕暮れの湖上には、白鳥の群れが飛んで行くのが見えた。

 

第2幕:夕暮れの湖

湖に白鳥の群れを見つけたジークフリート王子は、気晴らしに白鳥狩りをしようと湖畔に向かい、湖面を泳ぐ白鳥に向って弓を引いた。するとその内の一羽が突然美しい女性の姿に変わり、王子は一目で彼女に心を奪われてしまう。彼女の名はオデット姫。悪魔ロットバルトの呪いにより白鳥に姿を変えられ、夜の間この湖でだけ人間の姿に戻れるという。そして常に、ふくろうの姿に身を変えたロットバルトに監視されているのだ。周りにいる白鳥達も、彼女と同じく姿を変えられた娘達だった。彼女の呪いを解く方法はたったひとつ、まだ誰とも愛を誓ったことのない男性と、永遠の愛を誓うこと。惹かれあう2人は互いに気持ちを確かめあうと、王子はオデット姫に明日の舞踏会へ来るようにと言い去っていった。夜明けが近付き空が白み始め、オデット姫や娘達は白鳥の姿に戻り湖へと帰っていった。

 

第3幕:宮殿の広間

宮殿の広間では、ジークフリート王子の花嫁を選ぶための華やかな舞踏会が開かれ、花嫁候補である各国の姫達が招かれていた。王妃が王子に誰を選ぶのかと聞くが、王子は昨日湖で出会ったオデット姫のことで心がいっぱいになっていたので、返事ができなかった。するとそこへオデットに瓜二つの、オディールという娘がやってきた。王子はオディールをオデットと思い込み、彼女の登場に胸をときめかせ2人で踊り、オディールに永遠の愛を誓ってしまう。ところがそのオディールは、悪魔ロットバルトの娘だった。全てはロットバルトの罠だったのだ。それを知った王子はただ茫然となり、ロットバルトとオディールは姿を消してしまう。ふと窓辺に目をやると、そこには本来愛を誓うべき相手、オデット姫の姿があった。

 

第4幕:湖畔

湖では白鳥達が不安げにオデット姫の帰りを待っていた。オデットは自分達の運命をも握っているのだ。そこへ絶望した顔のオデットが帰って来た。オデットはジークフリート王子の裏切りを白鳥達に話すと涙を流した。これでもう、自分達がこの呪いから解き放たれる術はなくなったのだ。白鳥達がオデットを慰めていると、いつしか辺りには暗雲が立ち込め、激しい稲妻と共に湖は嵐で荒れ狂い始めた。そこへオデットを追って王子がやってくる。王子は自分の過ちをオデットに詫び、オデットがこれを赦すと、2人は抱き合ったまま嵐の湖へと呑み込まれていった。やがて嵐は静まり、王子とオデットの魂は、月明かりの中白鳥達に見守られながら天へと昇っていく。(幕)

プログラムとキャスト

チケットを購入する
PreviousJUN 2020

国民劇場 プラハ

国民劇場(こくみんげきじょう、チェコ語: Národní Divadlo)は、チェコの首都プラハにある劇場。チェコの歴史と芸術を代表する建築物である。

 

国民劇場は、音楽の盛んなチェコにおける最重要機関であり、チェコを代表する芸術家らによって創設、維持されてきた。この伝統により、チェコの言語、音楽、思想などが保存・発展してきたものである。

 

今日では、国民劇場はオペラ、バレエ、演劇を提供している。いずれも、著名なクラシックなどに限定せず、地域のものや現代のものも上演している。

 

類似したイベント